【運営】 日本テレビ放送網株式会社 社長室 企画室 日テレHR

©2019 by 日テレアカデミア

  • Facebook
  • YouTube
  • 宮﨑 秀彦

新コンセプト「Agility Science(機動性科学)」

 日テレアカデミア開設から1ヶ月。この立ち上げ期間を振り返りながら、私達自身の、社会における存在意義を改めて議論しました。


 日本の歴史を振り返り、本来日本人が持つ強みとは何か、現在の日本企業や日本人に必要なことは何か。日本テレビが作り上げてきた哲学や実践知と掛け合わせる事が出来るものは何か。どんな未来を描けるか。このすべてを線で紡ぐ、言葉は何か。


 生みだしたコンセプトは、「Agility Science(機動性科学)」


 本来、日本人が持つ、危機的状況から卓越したスピードで立ち直る【機動性】の性質。これは明治維新・第二次世界大戦を起点とした、社会変革のスピードが証明しています。思想的柔軟性が、世界的にも突出した機動性を生みだしています。


 そして日本テレビのチーム作りの核心も【機動性】にあります。生放送番組では、トラブルが発生してもトップの意思決定を待っていれば事態はますます悪化していきます。現場の一人ひとりが状況を確認し、自分で判断し行動する事で、素早い対応を実現してきました。全員が意思決定を担うという仕組みが、チーム全体を強くしてきたのです。


 ITによって、世界中のヒト・モノ・カネが日本に流れ込み、一瞬で状況が代わる時代に突入しています。そこで必要な能力とは、迅速に、変化を捉えて対処する力です。


 日本テレビがやってきた【機動性】の実践知と、リーダーシップ・マネジメント理論を掛け合わせることで、元来日本人と日本企業が持っている【機動性】を呼び覚まし、使いこなすためのサービスを提供します。そして機動性が結集することで、この不利な日本の状況を一変させ、活気あるものにできると信じています!

 このコンセプトの元、様々な情報発信、研修サービスを提供して参ります。

ホームページもガラッと変わりますが、引き続き宜しくお願い致します!

31回の閲覧