【運営】 日本テレビ放送網株式会社 社長室 企画室 日テレHR

©2019 by 日テレアカデミア

  • Facebook
  • YouTube
  • 宮﨑 秀彦

PDCAサイクルは、実はPDCAではなかった!?感想

日本テレビ青木アナと、当アカデミア理事の眞邊による「PDCA」についての対談動画がアップされました!




PDCAって言葉よく聞きますよね。

昔わたしが働いていた職場では「DDDDの人とCCCCの上司しかいない!」という話で盛り上がった事があるのですが、皆さんの職場はどうでしょうか?


動画内で説明がされていますが、そもそも「PDCA」ではなく、「PDSA」だったというのは驚きです。


Plan

Do

Check→Study

Action


なぜStudyがCheckに変わって浸透していったのか。

背景には、事業環境が変化せず市場が成長するという高度経済成長時代の特徴があったというのが面白いですね。


(ちなみに理論が実務家に都合よく消費される例は、沢山あるのだろうなと思います。私も気をつけなければなりません。。。)


PDSAは「Planの前提が変わらない」からこそActionの効果が出てきます。

現代社会はVUCA(不安定、不確実、複雑、曖昧)と言われるように、簡単に前提が崩れてしまいます。


フレームワークを絶対のものとしたり、逆に方便として都合よく利用するのではなく、限界を見極めるというスタンスが、実務と理論の両方を良くしていくのだろうなと感じました。

62回の閲覧