• 宮﨑 秀彦

「機動」と「早いPDCA」

最終更新: 2019年9月27日

 機動を実践している皆様、「機動だと思ったことが早いPDCAだった」ということはありませんか?私自身も結構ありまして、機動を取り入れて仕事をしようと思っている人には「あるある」なのではないかと思っています。


 例えば、自分のミッションに対して重要な月次業務があったとします。あるとき環境の変化が起き、その業務のミッション達成への重要度が低下します。にも関わらず、以前と同じ優先度でその業務を実行します。しかも慣れた作業ですので、作業効率はどんどん上がっていきます。そうすると、個人的には成長した感は高まるのですが、ミッション達成に劇的に近づく様な変化は起こせていないという状況になってしまうのです。まさにPDCAを早く回していたけど、機動ではなかったというわけです!


 この場合必要な行動とは、そのPDCAサイクルそのものを捨て去るという事です。どの様な前提の変化が起きたのかを観察・分析し、ミッション達成に「最大」「最速」「簡単」に近づく新しい業務を生み出す必要があり、PDCAを守ることではなく、機動ループを回さないといけません



 しかし重要な問題があります。機動が大事だと頭で分かっていても、つい早いPDCAに戻ってしまうのはなぜなのでしょうか・・・?


 ここには人間の脳の仕組みも絡んできています。脳の学習の仕組みには、五感から得られる情報と、推論の結果の誤差を小さくしていこうという働きがあります。誤差が大きい場合は、感情が大きくなり、行動を生みだします。行動によって新しいことを学習し、誤差を修正していきます。(驚かされたら、びっくりしてその方向に目を向けて何が起きたのか確かめますよね?)誤差が小さくなるとリラックスし、行動は起きなくなります。使うエネルギーをできるだけ小さくしていこうとするのが脳の働きです。初めての場所に行くと妙に落ち着かないのに、何度も同じ所に行くと慣れてしまうものその働きです。


 元の話に戻すと、事故や災害などの危機的状況は五感で感じやすいですが、海外で生まれたサービスが自社に影響するなどの「意味(概念)」の話の場合、五感で感じることは難しくなります。注意していない限り、その様な情報を目で見たとしても、意識に上る前に流されてしまうのです


 ではどの様にすれば「意味(概念)」の変化にも気づけるのか?まずはミッションを常に意識しておくことで、五感が変化に反応しやすくなります。そして固定観念を捨ててフラットかつ敏感に情報を感じ取り、なぜなのか?と問う必要があります。変化が起きたら仮説を立てて行動します。機動ループのステップを丁寧に踏みながら、量をこなす事が重要です。「ずっと考えていたら時間がいくらあっても足りない」と思われる方、安心して下さい。このプロセスを重ねることで、直観が出来上がります。直観は思考のステップを飛ばして、経験から一瞬で答えを導きだします。処理性能が上がれば、生産性は爆発的に上がります。(私はまだまだトレーニング中ですが、ベテランの方は皆意思決定が早くて正確です!)


 もっと早く機動的思考を知りたかった!と思った皆様、今からでも遅くありません。是非機動学研修をご検討下さいませ!



 

0回の閲覧

【運営】 日本テレビ放送網株式会社 社長室 企画室 日テレHR

©2019 by 日テレアカデミア

  • Facebook
  • YouTube