【運営】 日本テレビ放送網株式会社 社長室 企画室 日テレHR

©2019 by 日テレアカデミア

  • Facebook
  • YouTube

"変化を生み出す組織"を作る。

​機動思考を作る研修プログラム

機動学とは何か?まずはこちらをご覧下さい。

研修コンセプト

 働き方改革、グローバリズム、ハラスメントなど、ビジネスの現場は凄まじいスピードで変化しています。「変化に対応する」のではなく、「自ら変化を生み出す」組織が日本の企業に求められています。問題解決のポイントは、コンフリクト(対立)です。

 多種多様なコンフリクトのケーススタディを徹底的に行うことにより、「機動組織」と「機動思考」を作る実践プログラムです。

研修​コース

(推奨コース)​4ヶ月に1回、3ステップで機動学を習得する。

01 導入

座学と実践で機動学を身につける1日コース(7時間)

・機動学概論(直観力, 合意形成力)を学ぶ

・厳選ケーススタディで機動的思考回路を作る

・自分の目標に対する機動性を分析する

02フォロー

機動性を改善する半日コース(3時間)

・導入時からの機動経過を記載する

・全員でレビューを行い分析/行動レベルを高める

03レビュー

機動性を評価する半日コース(3時間)

・フォロー時からの機動経過を記載する

・全体の機動性の変化を評価し分析/行動レベルを高める

プログラム選択

職務レベルに応じたケーススタディをご用意。

事例の臨場感が、受講者の潜在力を引き出します。

ビジネス・スタンダード (新入社員〜3年目)

組織へ貢献し、自身の能力を伸ばす機動性を学びます。

リーダーシップ (若手リーダー層)

組織の最前線で必要な機動性を学びます。

マネジメント (マネジメント層)

機動的チームを作る立場として必要な能力を高めます。

​イノベーション(組織改革、新規事業開発チーム)

組織に機動性をもたらす能力を高めます。

戦略と戦術(経営層)

企業価値を高めるために必要な機動性を学びます。

カスタムプログラム

ハラスメント研修

クレーム研修

その他、研修ニーズに応じて研修プログラムを開発して参ります。

関連動画

2019年度日本テレビ新入社員研修